http://d.hatena.ne.jp/Zinnia/20070925 で殺意の対象になっていた人が死んだ。絵に描いたような老害だったのでようやくくたばったか、遅いよ、と思うかと思ったが、訃報を耳にして最初に思ったのは、あらまあ可哀想に、だったので、まだ人の心を失っていないのかな、と思った。

ここの存在をすっかり忘れていた。読み返した結果いつもくだらないことで悩んでいて進歩しないなこいつ死ねよと思った。死なないけど

どっちかというとコンサル死ねとストレートに書かないあたりに問題があるのかもしれないがまだそこまで危害を加えられたわけでもないのかもしれない。が、とっくに死亡フラグが立ってる案件に対してまだその程度の感覚というのがもっとも問題なのかもしれない

つまり一番の問題は人生がオワらないことだ

期間が2年で設定されたプロジェクトのリーダになりました。完成した姿を見られないのが残念です(^^)